FEMFAT(Finate Element Method Fatigue)は、疲労寿命予測のリーディングソフトウェアです。

自動車業界のみならず産業機械やプラント設備などの信頼性とロバスト性の向上に貢献します。

FEMFATは、実働荷重により疲労強度がクリティカルになる部位を迅速に特定し、試作品を製造して、評価試験を実施するより以前の、開発初期段階から、詳細設計までの各ステップで、疲労強度の最適化プロセスを支援します。FEMFATを活用することで、堅牢なプロトタイプの作成を可能にし、開発サイクルとコストのかかる試験回数の削減を実現します。

FEMFATは、四半世紀以上に渡り継続的に開発され続けている進化するソフトウェアです。その優れた疲労評価の実績から、自動車業界に限らず、様々な工業製品の業界から信頼を得ており、実用的な疲労強度解析ツールとして広く認知されています。


FEMFAT LAB は、膨大な量のデータの可視化・分析を可能にし、実験/計測/開発部門間の標準ツールとして活用することができる強力なソフトウェアです
。FEMFAT LAB は、数百におよぶチャンネル、数百万におよぶ時系列データを瞬時に解析することや、異常値となるドリフト値、平均値のシフト、スパイク値を自動的に、または手動で取り除く機能が搭載されています。また、FEMFAT LAB のプロジェクトファイルを用いることで、複数のファイルに対して同じオペレーションを自動的に実施することが可能なため、計測データの編集時間を大幅に節約することが可能です。

時間領域や周波数領域のデータを用意することは、エンジニアが計測データを把握・分析するのに役立ちます。レインフロー、Level Crossing、Range Count などのカウント方法がソフトウェアに実装され、カウント結果をレインフロー、ダメージマトリックス、ウォーターフォール、キャンベルの3次元プロットで表示させることが可能です。FEMFAT LAB は、ユーザーがデータ変換することなく、様々なファイルフォーマットで処理することが可能になります(RPC、Remus、Diadem など)。

多軸位相の関連を適切に保持したデータ量の削減機能により、市場での使われ方をテストコースや台上試験に置き換えることが可能になり、開発プロセスにおける大幅な時間とコストの節約を可能にします。また、疲労計算のための材料特性のデータベースも使用できます。