visualizer

FEMFAT weld

溶接構造が含まれる部品の開発では、溶接継手の疲労寿命を正確に予測することが必要不可欠になっていますが、FEMFAT weldを利用することで、溶接継手の正確な疲労寿命予測を実現します。

溶接構造の疲労寿命や疲労限度安全率を計算する際は、FEMFAT weldに実装されている柔軟性が高い解析手法により、シェル要素モデルとソリッド要素モデルの解析を同時に行うことができます。
溶接ルート部や溶接止端部の評価のため、評価部の詳細なフィレット形状のモデリングと、その多大な作業工数をすべて省略できるようになります。

溶接継手の種類は、FEMFAT visualizerで、シェル要素同士の接合モデルも、シェル要素とソリッド要素の接合モデルに対しても、手軽に定義することが可能です。またこれらの作業は、FE解析と独立して行うこともできます。
疲労強度解析は、FE解析の構造応力を用いて、WELDデータベースに定義されるノッチ係数からノッチ応力を算出し評価します。WELDデータベースはACSII形式で提供されるので、データベースに定義されるノッチ係数や材料パラメーターを修正することや、新しい溶接継手を追加することが簡単にできます。柔軟性が高いWELDデータベースにより、解析精度をユーザーのニーズに合わせて向上させることが可能です。

一方、Solid WELDは"critical distance"アプローチを用います。この手法では、critical distanceと呼ばれる特定の深さ(ユーザーが指定できます)の応力が等価応力として用いられ、多数の試験結果をベースとしているマスターS-N曲線を用いて疲労評価されます。
Solid WELDのモデリングガイドラインは公開されているので、一般的なプリプロセッサーを用いてモデル作成が可能です。特にANSAプリプロセッサーをご利用いただくことにより、溶接継手、ならびにFEMFAT weldでの解析に必要なすべての定義を自動的に生成することができます。

FEMFAT weldは様々な機能を持っており、クリティカルな溶接形状パラメーターを特定する感度解析や、BS7608やEurocode 3といった規格に準拠した評価オプションも備えています。

FEMFAT weldは、FEMFAT basic、FEMFAT max、FEMFAT spectralと連携が可能になっています。

フライヤー