visualizer

FEMFAT max

多軸荷重に対して疲労寿命を予測することは、大きな課題の一つです。複数の荷重入力を重ね合わせた場合、単一方向からの荷重入力では着目部位ではなかった部位が、クリティカルなダメージに到達することがあるためです。   
複数の位置で荷重入力が負荷される部品(ホイールアクスル、車体構造など)は、同時にそれぞれの位置に異なる方向からの入力が発生します。ブレーキと加速、路面凹凸などにより加わる力は、車体構造に変動振幅荷重を与えます。

このような条件下で信頼性の高い疲労解析結果を得るには、特別なソリューションによるアプローチをとる必要があります。FEMFAT maxで適用されているアプローチは、国際研究機関と共同で実施した研究結果や、社内での最新の開発成果と学術論文の内容に基づいています。すべての手法、理論、仮説は、様々なプロジェクトに利用され、検証に成功しているものです。

FEMFAT maxには、荷重条件によりChannelMAXとTransMAXがあり、ダメージまたは疲労寿命、疲労限度安全率、静的破断安全率、多軸度をFE節点毎に評価します。

ChannelMAXは、複数の油圧シリンダーにより一度に複数の方向から載荷するような台上試験を、荷重の時刻歴データと単位荷重による応力解析結果を組み合わせることで、シミュレーション上で再現します。
TransMAXは、荷重負荷の順序が過渡応力により表現できる場合の疲労解析で最も適したモジュールです。これは、載荷履歴の各時刻における応力解析結果を利用して疲労解析することを意味しています。チャネルベースのアプローチをとっているChannelMAXとは対照的で、線形応力の重ね合わせではないFE解析を行い、非線形の効果を考慮に入れている場合、TransMAXを利用します。

FEMFAT maxの主な特徴:

  • アクスル部品、サスペンションシステム、車体フレーム、エンジン部品、ホワイトボディなどに対して、信頼性が高く効果的な多軸の疲労解析を実行可能
  • 様々な機構解析ソフトウェアや計測ソフトウェアに対応した時刻歴データのインターフェース
  • 入力荷重として、重ね合せ(Channel)や過渡応答(Transient)に対応
  • 必要な箇所だけ素早く計算するためのフィルタリング機能
  • 等価応力を11種類の中から選択可能
  • 直交異方性の材料特性を含む短繊維強化樹脂の疲労寿命予測
  • チャネルの数が無制限
  • 荷重履歴の圧縮が可能(解析時間の短縮化)
  • FEMFAT weldやFEMFAT spotと連携し、母材とシーム溶接、スポット溶接を同時に解析が可能
  • FEMFAT laminate(ChannelMAXのみ対応)による連続繊維強化樹脂の疲労強度評価
  • 振動現象やエラストマーの疲労解析を行うためのアドオンツール(Harmonic、Elastoloads)

フライヤー