visualizer

FEMFAT laminate

FEMFAT laminateは、連続繊維強化樹脂の疲労解析を行うためのモジュールです(ChannelMAXで利用可能)。

積層材料の各積層の表側と裏側が、ダメージ計算の対象です。解析手法は“Critical Component in Critical Plane”の応力種類を積層材料に適合したもので、繊維の破断と繊維中間層の破断を評価します。さらに、ソリッド要素モデル(通常は8節点の六面体要素)を使用する場合、デラミネーション(層間はく離)も評価できます。

ダメージ計算には、静的強度特性(引張強度と圧縮強度)と疲労強度特性(S-N曲線)が、繊維に対して平行方向と直角方向の荷重と、積層面のせん断方向の荷重に対して必要です。

Abaqusのinpファイルとodbファイルによる、COMPOSITE特性を定義したシェル要素とソリッド要素をサポートしています。

FEMFAT laminateの主な特徴:連続繊維強化樹脂の多軸荷重に対する疲労強度解析

  • 繊維の破断、繊維中間層の破断、デラミネーション(層間はく離)の評価
  • 一回の計算で通常の材料(鉄鋼やアルミニウムなど)と積層材料を組み合わせた部品の疲労評価が可能
  • 各積層、各応力コンポーネントを個別に結果表示(ダメージ、応力振幅、平均応力、S-N曲線など)が可能
  • 平均応力による疲労限度/傾き/限界繰り返し数の影響を考慮
  • 全積層に対して一般表面処理係数(General surface treatment factor)を設定可能
  • 統計学的影響因子(Statistical influence)を考慮