test bench

FEMFAT LAB frequency

周波数領域のデータを可視化

概要

  • スペクトル解析(パワースペクトル、クロススペクトル、伝達関数、逆伝達関数など)
  • Comfort factorの評価(VDI Standardによる)
  • ウォーターフォール、キャンベル表示

スペクトル解析

スペクトル解析は、周波数特性や挙動(固有値など)の情報が得られ、構造体のランダム荷重性の解明に役立ちます。

伝達関数や逆伝達関数の計算は、構造体の伝達特性を特定するのに役立ちます。
計算結果をグラフ表示や比較することができます。
VDIに基づくComfort factor評価のため、3方向の乗り心地指標値(k(x), k(y), k(z))を計算できます。

キャンベル・ウォーターフォール

パワートレインやエンジンの荷重をデータから分析するには、ウォーターフォールまたはキャンベルが最適です。

この分析により、高いひずみ値に対する入力オーダー(次数成分)を示すことができます。

オーダーカット(ウェーブレット)

定義された次数成分の時間軸データを知るために行います

オーダーカットの方法は、定義された次数成分を削除するか抜き出すの2通りがあります。